ブエノスアイレスの気候について

地球の歩き方に、ブエノスアイレス気候の詳細がが書いてありました。

 

地球の歩き方

 

どうやら、最高気温18度/最低気温15度

くらいで日本より少し涼しいくらいの感じですね。

 

一発目に行きたいペリトモレノ氷河は

 

観光に一番適した時期は12月から3月までの夏で、その時期の気温は最高19℃、最低は-1.8℃。

 

だそうで、意外とあったかい。

 

どのくらいのダウン必要かと思いましたが、意外と薄着でもいけるのかな。

 

ユネスコの世界遺産に自然遺産として登録されているロス・グラシアレス国立公園へはまずはツアーで行くのがよさそうですね。

 

とりあえず20日出発なのに何にも準備していない。

まずはバックパックと変圧器を買わねば。

 

旅の準備はこれからですね。

ブエノスアイレスの気候について」に2件のコメントがあります

  1. いよいよですね~。いいですね~。

    ペリト・モレノですが、私は10月(春)に行きましたた。氷河の上を歩くトレッキングツアーも、そこまで寒くはありませんでした~。

    カラファテの街は、昼間は暑いくらいで、Tシャツ1枚&パーカーを羽織るくらいでOK。街には、アウトドアグッズ屋があるので、現地でいい感じのものを調達するのもありです!

    1. 世界の街さん

      氷河の上を歩いているのに寒くないというのが不思議です

      現地でも買い物できるんですね。それなら安心です。

      がっつりしたダウン持っていかなければと思っていましたが、ユニクロのライトダウンくらいで検討したいと思います。

      また土曜日よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です