ストライキまっただ中で、ウユニからラパスへ

ウユニ塩湖を楽しんだ後の帰路、

ツアーをストライキの影響で、街への道路はすべて封鎖されていた!

 

とある道路はトラックが4台ほどで道を阻み、

とある道路は現地民が道路の真ん中でたき火をして、侵入を阻止していた。

 

とんだとばっちりだ。

 

20:00のフライトでボリビアラパスに戻る予定だったが、間に合うだろうか。

18:00にアマゾネス航空のバスが空港まで送ってくれる手筈になっていたが、

バスには確実に間に合わない!

 

18:00の時点で、街が遠目に見えるような場所にいたので、

フライトに間に合うかどうかも怪しいし、

そもそも街が閉鎖されていて、街に戻れるかさえ怪しい!

 

通常の道路は完全閉鎖されていたので、やむなくドライバーは道なき道をいくことに。

まさに苦肉の策。

 

オフロードを走っていると突然

 

ガタン!

 

という音とともに車が傾く!

 

まさか・・・

 

ランクルが乾燥した地面のくぼみにはまる!

 

まじかよ・・・

 

と思いながら、手伝い、各タイヤ前後の土をかき出し、

全員でフロント部分を押し、車を何とか救出。

ここで完全にはまったら終わったが、何とか抜け出すことに成功。

 

再度道なき道を走り、ようやく街に到着したのが19:00

 

フライトは20:00

 

スペイン語が話せる韓国人の計らいで、空港の近くまでドライバーに送ってもらうことになった。

挨拶もそこそこに、宿泊していた宿に戻ると、宿もまさかの完全消灯!

ろうそくの明かりで赤ん坊に乳を飲ませるホテルスタッフの奥さんにでくわし、びっくりする。

ホテルに事情を話して荷物をさくっとまとめ、車に乗り込み、空港へ向かう。

街は街灯も一切なく、飲食店も閉店、まっくらだった。

うっとうしいくらいの月の光と、満点の星空だけ見える。
ドライバーに声をかけられる。ここまでしかいけない・・・?

結構空港遠いけど。

しかも空港すら明かりついてないけど!

 

「大丈夫、空港まで歩いて20分くらいだから」

 

大丈夫じゃねーよと突っ込みたくなったが、19:15。

急いだら19:30には着けるか、

仕方ないので行ってみよう、と思い、ドライバーにお礼を告げ歩き出す。

本当に荒野に放り出されたようだ。

遠くに見えるのは、2つか3つくらいの空港らしき明かり

それを頼りにひたすらある歩く。

 

まさにネタ的な状況。

 

月明かりを頼りに歩くとはまさにこのこと。

 

こういう状況で怖いのは幽霊とかという発想ではなく、

 

ストライキしている暴徒にいきなり撃たれたりしないかなということ。

黙々と歩くと・・・
まじかよ・・・

 

鉄の柵が左右に伸びている!

 

終わった・・・。

 

これから消灯している宿に戻って延泊決定か・・・

 

と思っていたら柵の横にある小屋から人が出てきて、空港ならあっちだと教えてもらう。

暗闇の中で異様な光景だったが、ここまで来たら行くしかないでしょう。

柵沿いにひたすら歩いていると、

暗闇の中たき火をして談笑している地元民たちに遭遇。

この状況かなり怖いんですけど。

 

しかし、空港の方向を質問すると普通に教えてくれる。

その指示通りに行くと、またしても鉄の柵!

鍵がかかっており、どう見ても入れない、というか入れるつもりがない感じ。

 

地元民のところに戻り、鍵がかかって入れない!と告げると、

大丈夫、行けるからと言われ、だから鍵がかかってるんだって!と言おうとしてもスペイン語の壁に阻まれ、断念。

もう一度鉄の柵の門に行ってみると、なるほど、横に人が一人通れるくらいの小さなドアを発見。

その小さなドアには鍵がなかった。
すでに19:40

 

うわーと思いながら、鉄の柵を突破してとにかく歩く。

明かりがついている小屋を発見し、飛行機は飛ぶかどうか確認すると、

飛ぶとのこと!

 

いや、空港真っ暗ですけど。

 

まー、でも飛ぶんでしょう。

 

さすがアマゾネス航空。

 

時間ぎりぎりだったが、

ようやく空港に到着19:50!

安堵してチェックインしようとしたら、

 

チェックインはクローズしたから乗れません

 

と言われる。

 

オイオイ、ストライキの影響でこんな事態になったのに、

どういうことだよと抗議するが、

無理なものは無理という一点張り!

 

おわった・・・。

 

ここからまた歩いて街にも戻るのか。

とおもったが、22:00の便がまだ空きがあるからそこまで待てとのこと。

 

助かった!

 

とにかく、ウユニを脱出できればいいので、22:00まで待機し、

ようやくウユニからラパスへ・・・。

海外のストライキをまのあたりにしましたが、いい経験しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です