ウユニ到着でストライキに遭遇!

ラパスからウユニへのフライトをとり、

ラパス国際空港からウユニへ。

21:00の出発のはずが、大幅に遅れ、22:30 出発

23:00に到着。

フライト時間30分程度だったが、なぜこんなに遅れたのかはなぞ。

そして、到着した途端とてつもない寒さが襲う。

そう、この6がつは乾季に入っており、とてもさむい!

びっくりするくらいの寒さで慌ててバックパックから服を取り出して着る。

予定では21:00にでて21:30につくので、

宿も予約しなくて余裕だろうとたかをくくっていたが、

到着23:00で空港からのバスがまた遅れて結局街に着いたのが深夜12時近く!

参った、これで宿が取れなければ凍死・・・!

街に到着後すぐに泊まろうとあたりを付けていた宿に行き、

宿泊できるかどうか聞くと、まさかのFULL(満室)。

血の気が引く。

しかしその宿のおじちゃんが目の前の宿なら空いてるよと教えてくれ、

そこに行くと、空いているとのこと!

助かった。

しかも、値段も安いし、シャワーは心もとないが、悪くない。
ウユニ到着そうそうヒヤッとしましたが、

なんとかなった。
深夜のウユニはゴーストタウン状態で、空いている店は一つもないような感じ。

翌朝、街をうろついたら、昨夜の印象とは全然ちがってびっくりした。

とうとう明日は塩湖だ!とおもっていたら、

朝から歩いていて一向にツアー会社も店も開かない!

宿に戻って受付に聞くと、ストライキとのこと!

なにやら近くにバスステーションを作ることに反対するストライキらしい。

えらいタイミングでウユニに来てしまった。

本日は一日ストをするようだ。

そして、帰りの便を変更しようかとTAM空港にいったところ、

なんと飛行機も4日間運行しないとか。

ウユニ滞在が予想以上に伸びそうだ。

それにしても、今回の旅は、イースター島で大雨に降られたり、ペリトモレノ氷河で雨だったり、

ウユニ塩湖でストライキに当たって足止め食らったりといろいろネタが多い。

幸いにして、強盗、すりなどはないが、

旅にトラブルはつきものということで、ウユニでのんびりしようと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です